3Dソリッドは、体積、質量、重心、慣性モーメントなどの情報を持つ、中身の詰まった かたまり として認識されます。

ブール演算(3Dソリッド同士を合成したり、差し引いたり、重なる部分を取り出したりできる)によって変形させながら形状を作成していきます。

 

3Dソリッドの作成 「スイープ」

任意の平面形状を作成し、レール曲線に沿って押し出すことにより3Dソリッドを作成します。

 

 

任意の形状(ポリライン結合、リージョン作成などで1要素にしておく必要があります)とレールとなるパスを作成します。

 

 

 

スイープ(sweep)コマンドを使用して、閉じたオブジェクトをパスに沿って押し出し。

 

 

 

「三角形状」(閉じたオブジェクト)と「らせん」(パス)を作成。

 

 

 

「三角形状」を「らせん」でスイープ。

 

 

 

別の3Dソリッドを作成して、ブール演算で加工していきます。

 

 

 

ブール演算「和」(union)を使用して、ねじが完成。