3Dソリッドは、体積、質量、重心、慣性モーメントなどの情報を持つ、中身の詰まった かたまり として認識されます。

ブール演算(3Dソリッド同士を合成したり、差し引いたり、重なる部分を取り出したりできる)によって変形させながら形状を作成していきます。

 

3Dソリッドの作成 「プリミティブ」

 

直方体、円柱、円錐、球、角錐、くさび、円環体のプリミティブと呼ばれる基本形状を作成します。

 

 

プリミティブ形状

グリップを操作することで高さや長さ、幅などの大きさを変更することができます。

 

 

 

ブール演算

和(union) :3Dソリッド同士を合成

差(subtract) :他方の3Dソリッドを差し引く

交差(intersect) : 3Dソリッド同士の重なる部分を取り出す